ニュース

「餃子の王将」大東隆行社長、ドアロック直後に射殺 「確実に殺害を狙った」京都府警

2013年12月20日 00時59分 JST | 更新 2013年12月20日 01時20分 JST
時事通信社

人気外食チェーン「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」の大東隆行社長が12月19日午前、本社前で撃たれて死亡した。銃弾は3発が大東社長に命中。所持していた現金はそのままだったことから、京都府警捜査本部は確実に殺害を狙った犯行とみて捜査している。スポニチなどが報じた。

人気外食チェーン店「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの大東隆行社長(72)が19日午前7時ごろ、京都市山科区の同社本社前で倒れているのが見つかった。大東社長は拳銃で撃たれており、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。



持っていた財布は盗まれておらず、中の現金数十万円は残されたままだった。捜査1課は生活状況を把握した人物が待ち伏せした計画的な犯行の可能性があり強盗目的ではなく、大東社長や会社への恨みが背景にあると見てトラブルの有無を調べている。



(スポニチ「「餃子の王将」社長射殺 「外食独り勝ち」立役者がなぜ 」より 2013/12/20 05:30)

大東社長は、毎日午前6時半ごろに同区内の実家から自家用車で出勤。本社前を掃除し水まきするのが日課だった。大東社長は当日、車を降りてドアロックした直後に撃たれたとみられる。

短時間に3発を命中させるなど、銃の扱いに慣れた者が犯行に及んだ可能性もある。射殺された現場は、防犯カメラが設置されていない場所だったことから、犯人は下見した可能性もあるという。

大東社長は紺色のスーツ姿で清掃用の服装に着替えておらず、車を降りてドアロックした直後に撃たれたとみられる。駐車場周辺には防犯カメラが設置されておらず、捜査本部は犯人が現場を下見して狙いやすい襲撃場所を絞り込んだ可能性もあるとみている。



(MSN産経ニュース「【餃子の王将 社長銃撃】ドアロック直後に銃撃 1人きりの時間帯狙う? 防犯カメラなく、下見した可能性も」より 2013/12/20 00:24)

捜査本部は、待ち伏せして襲った計画的犯行の疑いが強いとみて社長周辺や経営上のトラブルの有無を調べるという。

大東社長の死去を受けて、王将フードサービスは19日、後任に渡辺直人常務が就任したと発表した。

「餃子の王将」チェーンを展開する王将フードサービスは19日、大東隆行社長(72)の後任に渡辺直人常務(58)が就任したと発表した。



(時事ドットコム「王将フード社長に渡辺氏=事件受け、即日就任」より 2013/12/19 17:46)

「餃子の王将」事件、捜査現場の画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています