ニュース

安藤美姫選手、「今日がきっとラストスケート」 SNSに投稿

2013年12月23日 17時39分 JST | 更新 2013年12月23日 17時56分 JST
時事通信社

フィギュアスケートの安藤美姫選手は、12月23日に行なわれる全日本選手権最終日を前に、Instagram上で「今日が私のラストスケート」と発言した。

Today will may be my last skating as a competitor. I want to fly today!!! And I want to skate with my herat!!! With Love...<3

今日がきっと私の選手としてのラストスケート。羽ばたけるよう…心を込めて滑れるように… いってきます!!! この選手として戻ってくるという選択に導いてくれた皆さんの応援に感謝!!!

(安藤美姫選手のinstagramより)

4月に女児を出産した安藤選手にとって、全日本選手権は3年ぶりの出場。「会場では母ではなく、選手なので」と強い気持ちで大会に挑んできた。

12月22日にさいたまスーパーアリーナで行なわれた同大会の女子ショートプログラム(SP)では、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」にのせて渾身の演技を披露。1位の浅田麻央と8点差の5位につけた。サンケイスポーツが報じた。

まな娘の存在を心の支えに練習を続け、五輪代表が決まる今大会には「会場では母ではなく、選手なので」と強い覚悟で挑んだ。復帰後、苦しんできたジャンプを全て決め、思いを込めた滑りでファンを引き込み「満員の観客の前で滑らせてもらい、緊張したが幸せだと感じた。声援が支えてくれた」と満面の笑みを見せた。

(サンケイスポーツ「美姫5位発進!『悔いが残らないように滑る』/フィギュア」2013年12月22日22:04 より)

しかし、安藤選手がソチオリンピック行きの切符を獲得するためには、今大会で優勝、あるいは準優勝をする必要がある。最終日の女子フリーがその命運を握っており、現段階では厳しいという見方が強い。安藤選手自身、「五輪はないなと思って来ている」と発言しており、SNSでの投稿もその意志を反映しているのではないかと言われている。

本人の充実感とは離れ、五輪争いは5位では苦しい。「五輪はないなと思って来ている。世界のトップで戦った選手と同じ場所に立てて素晴らしかった。それだけで感謝」。そう話す表情は明るかった。

(日刊スポーツ「美姫SP5位 やはり厳しい/フィギュア」2013年12月23日09:30 より)

安藤選手が選手生活最後となるかもしれない演技に選んだのは、10年前にこの大会で優勝したときと同じ「火の鳥」。「16歳の火の鳥から成長してきた大人の火の鳥を表現したい」そう語る安藤選手の演技に期待が集まる。

安藤美姫選手の写真集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています