Huffpost Japan

スーパーLCCがアメリカで大躍進 LCCを超える超格安航空会社とは

投稿日: 更新:
印刷

kyokasho

海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フロリダを拠点に全米と南米各地に路線をもつスピリットエアラインもその一つである。座席ピッチを極限まで狭くしたり、遅れが日常茶飯事などサービスは最低だが、価格は一般的なLCCよりさらに安い。サービスが悪いことを理解した上で利用する顧客が増えてきており、業績は好調だ。

スピリット社の2012年12月期の売上げは13億1800万ドル(約1370億円)、当期利益は1億846万ドル(約113億円)となっている。今期は第3四半期ですでに昨年と同じ水準の売上げとなっており、2013年12月期の決算は増収増益が期待されている。利益率は8%を超えており、大手エアラインとの比較ではもちろんのこと、サウスウエストやジェットブルーなど他のLCCとの比較でもかなりの高収益だ。

同社の収益の秘密は、徹底的なサービスの廃止である。同社の運賃は他のLCCよりも安く設定されているが、付帯するサービスはほとんどない。2007年に全米の航空会社では初めて、すべての預かり荷物を有料化したほか、機内手荷物にまで課金する。座席を指定すると10ドルから20ドル取られ、ドリンクは水も含めてすべて有料だ。

シートピットは28インチ(約72センチ)ともっとも狭い部類に入り、リクライニング機能はない。日本の大手国内線のピッチは31インチ(79センチ)程度が標準といわれているが、28インチとなるとかなり狭い。体格の大きい人の場合には、膝が前のシートにぶつかってしまう程である。遅延などスケジュール変更も日常茶飯事だ。

米国ではもっとも権威のある商品サービス評価誌の一つであるコンシューマ・レポートにおいて、スピリット社はワースト航空会社のひとつに選ばれている。

確かに同社のサービスは悪いが、運賃はかなり安い。例えばニューヨークからフロリダまでの航空運賃は、時期によっても異なるが、大手の場合には500ドルくらいすることが多い。LCCであるジェットブルーは160~170ドルだが、スピリットの場合にはさらに安く100ドルを切る。

また機内手荷物には課金されることを、社長自らがCMに出て説明しており、顧客の多くは同社のサービス内容をよく理解した上で利用しているものと考えられる。ちなみに同社はこれまで大きな事故を起こしたことはない。

こうしたサービスについては賛否両論あるだろうが、利用者の選択肢がたくさんあることは評価できる。日本の場合には、空港の利用料など官に支払うコストが高すぎ、LCCといっても安い料金を提示することができない構造になっている。このため諸外国に比べて平均的な航空運賃はかなり高く、そのツケは利用者が負っている。

米国はもちろんこと、欧州やアジアでもLCCは、大手航空会社をはるかに超える規模に成長している。昭和な時代の航空業界が残っているのは、世界広しといえども日本くらいなものである。

【関連記事】

ハフィントンポストの人気記事

Close
フライト・アテンダントの制服 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

現状打破へ、JTBとLCCがランデブー | 産業・業界 | 東洋経済オンライン ...