ニュース

フランス、同性婚容認が招いた社会の離別【世界のハフポストから】

2014年01月02日 19時06分 JST | 更新 2014年01月02日 19時06分 JST
Huffpost France

■フランス版「フランスにおける離別」(4月23日)

英国より一足早く、フランスでも同性婚を認める法律が成立した。

「結婚と養子現組の権利を同性愛者にも開放する」と、オランド大統領は公約に掲げていた。そのとき、誰も大きく反対しなかった。同性愛者の結婚とフランス社会は相思相愛でなくてはならない。なぜなら同性愛カップルの権利と、異性カップルの権利は同等だからだ。

しかし、疑問がわき上がった。反感が噴き出し、フランス社会との蜜月は崩れた。インターネットで、街頭で、メディアで、激しい反対運動が盛り上がった。やがて巨大な抵抗運動、そして対立へと変わっていった。

(ポール・アッカーマン編集長)

世界9カ国に広がるザ・ハフィントン・ポストのネットワーク。各国版の編集長が選んだ、2013年の各国イチ押しスプラッシュ(トップ記事)を紹介します。

関連記事

世界のハフポストから