ニュース

ネットいじめで自殺した娘よ カナダの父親が詩【世界のハフポストから】

2013年12月31日 02時22分 JST | 更新 2013年12月31日 02時22分 JST
Huffpost Canada

■カナダ版「ときに彼女は優しすぎて、私は怖かった。彼女は私の娘だった、しかし彼女はあなたの娘でもある。何とかしてほしい」(4月10日)

今年最も重要なストーリーの一つだ。カナダ版ハフィントンポストは独自にこのストーリーを追い続けてきた。自殺した10代の少女の父が投稿したブログをスプラッシュにした。

10代がネット空間で標的になる「ネットいじめ」はカナダで大きな問題だ。ラテイア・パーソンズさんは、ネットで繰り返し嫌がらせを受けたあとに自殺した。父は娘を「ネットいじめを受けていた少女」としてではなく、家族思いの一人の人間として世間の記憶にとどめようと、美しい文章を書いた。父親のウェブサイトはアクセスが殺到してダウンしたが、私たちはハフィントンポストにブログとして投稿を依頼した。ハフィントンポストを、大勢の人にメッセージを届けるプラットフォームとして活用したのだ。

(ケニー・ヤム編集長)

世界9カ国に広がるザ・ハフィントン・ポストのネットワーク。各国版の編集長が選んだ、2013年の各国イチ押しスプラッシュ(トップ記事)を紹介します。

関連記事

Rehtaeh Parsons: A Life In Photos
世界のハフポストから