ニュース

ロシア南部で2日連続のテロか? トロリーバスが爆発、少なくとも10人死亡との報道も

2013年12月30日 15時30分 JST | 更新 2013年12月30日 15時44分 JST
Kommersant Photo via Getty Images
VOLGOGRAD, RUSSIA - DECEMBER 29: A general view of the scene outside Volgograd train station, where a female suicide is thought to have blown herself up, on December 29, 2013 in Volgograd, Russia. 15 people are believed to have been killed when a bomb went off at a checkpoint at the entrance of the station on Sunday December 29, 2013. (Photo by Gennady Gulyaev/Kommersant Photo via Getty Images)

ロシア南部で2日連続の爆発、少なくとも10人死亡=報道

ロシアのインタファクス通信によると、同国南部ボルゴグラードでトロリーバスが爆発し、少なくとも10人が死亡した。

治安当局筋の話として伝えた。

ボルゴグラードでは前日にも駅舎で自爆攻撃が発生、少なくとも17人が死亡している。来年2月のソチ五輪を控え、2日連続の死傷事件となった。[ボルゴグラード(ロシア) 30日 ロイター]