ニュース

日没の数時間を1枚の美しい写真に(画像)

2014年01月02日 18時12分 JST | 更新 2014年01月02日 18時13分 JST
Matt Molloy

普通、日没を初めから終わりまで見ようとすれば、太陽が西の空に傾きやがてその姿をすっかり隠すまで2時間にわたる大いなる天空の動きを見つめなければならない。写真家マット・モロイのお陰で、一枚の写真でその日没を一目に収めるパワーが得られた。この撮影技法を彼は 「タイムスタック法」 と呼んでいる。

all paths lead to ra

All Paths Lead To Ra

この写真にはコマ撮り撮影の手法を用いました。」モロイはディジタルフォト・マグの取材にこう答えた。「タイムスタック法を使えばビデオを一枚の写真にまとめることができるのです。雲の動きはしばしば絵筆のタッチみたいになるので、まるで画家になったような感じがします。これを見ればきっと時間に対する見方が変わってくるでしょうし、動きに対する独特な感覚も研ぎ澄まされます。」

burning cotton candy flying through the sky

Burning Cotton Candy Flying Through The Sky

トロントを拠点にするこの芸術家は自分のイメージが持つ力を誇張してはいない。そのイメージは、もしクロード・モネがこのデジタル写真の革命の時代に生きていたらこんな風だっただろうと思わせるものがある。

big bang

Big Bang

cloud chaos

Cloud Chaos

crocheting the clouds

Crocheting The Clouds

golden section

Golden Section

impressionistic autumn

Impressionistic Autumn

land of the giant lollipops

Land of the Giant Lollipops

monets tracks

Monet's Tracks

power source

Power Source

sky sculptures

Sky Sculptures

smeared sky

Smeared Sky

sunset spectrum

Sunset Spectrum

See more of Molloy's photographic wonders here.

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Best Sunsets In America
Aurora Borealis in Alberta
Beautiful Sunsets From Around The World
Best Places To See A Supreme Sunset
Sunsets From Around The World