ニュース

プーチン大統領「全滅するまで戦いを続ける」 新年に向けて演説

2014年01月01日 22時44分 JST | 更新 2014年01月01日 22時47分 JST
Reuters

reuters logo

2月にソチ五輪を開催するロシアのプーチン大統領は31日、極東ハバロフスクから新年に向けてのテレビ演説を行い、「テロリスト」を根絶するまで徹底的に戦うと宣言した。

南部ボルゴグラードで29━30日に発生した2件の爆発事件後に初めて公に発言した同演説のなかで、プーチン大統領は「われわれはテロリストが全滅するまで徹底して戦いを続ける」と強調。2013年が試練の年だったと認めたうえで、14年は確実に治安を確保すると明言した。

ただ、インタファクス通信が30日伝えたところによると、ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ会長は、すでに万全の治安対策が講じられているとして、同事件を受けて追加の措置が取られることはないと述べている。

[ボルゴグラード 31日 ロイター]

関連記事

プーチン大統領の活躍