ニュース

舛添要一氏擁立に民主党は相乗りか 都知事選、候補者選びの背景は

2014年01月01日 15時41分 JST | 更新 2014年01月05日 02時51分 JST
時事通信社

舛添要一氏を都知事選の候補者として、民主党が擁立するかもしれない――。

民主党の東京都連は12月31日、2月9日に投開票が行われる東京都知事選の選挙対策会議を開き、候補者の人選を進めた。松原仁・都連会長によると、擁立候補として元厚生労働相の舛添要一氏を押す意見が出たという。舛添氏は、12月27日に同党が決定した都知事選にふさわしい6条件を満たしているとの理由からだ。時事ドットコムなどが報じた。

(民主党の)都連は候補選定に当たって、少子高齢化対策を打ち出せることなど6項目の基準を設けている。松原仁会長は会議後、記者団に「舛添氏は6項目を満たしているとの発言があった」と説明。その一方、「水面下ではいくつか(舛添氏以外の名前が)挙がっている」とも述べた。

(時事ドットコム「舛添氏推す声も=都知事選で選対会議-民主都連」より 2013/12/31 19:42)

舛添氏については、12月23日に自民党が行った世論調査でも、都知事にふさわしい候補者として上位に入っており、自民党でも舛添氏を押す声がでているという。

自民党と民主党が、同じ候補を押す可能性はあるのか。12月20日、民主党の加江田万里代表は「(民主党が反対する)特定秘密保護法の問題などを理解してもらえる人がいい」と述べ、また松原仁氏は、相乗りは難しいとの考えを強調していた。

同党都連は同日、衆院議員会館で緊急選対会議を開き、知事選への対応を協議した。都連会長の松原仁国対委員長は、他党との候補者相乗りについて、「自民党的な候補者との相乗りは難しい」と強調。その上で、「あらゆる選択肢を排除しない」と述べ、野党が話し合って一本化を目指す可能性を示した。



(時事ドットコム「海江田代表「民主党マインドの候補を」=都知事選」より 2013/12/20 19:33)

しかし、独自候補の擁立は難しいとの声が、民主党の中から出ているようだ。

都議会民主党側の心境は複雑だ。現在、都議会の127議席のうち、自民、公明が過半数の計82議席を確保。民主は15議席にすぎない。ある都議会幹部は「独自候補が当選しても今の都議会民主党では議案を通すだけでも難しい。相乗りも重要な選択肢」と説明する。



(MSN産経ニュース「【都知事選】民主、独自か相乗りか 候補選び強気の国会議員、都議は慎重」より 2013/12/30 13:05)

31日の会議の後には松原氏も、次のような発言に変わってきた。

民主は求める候補者像として、東京五輪や行政改革など6項目を挙げている。松原氏は「相乗りとか独自候補とかは本質的な話ではない」とも述べた。

 

(MSN産経ニュース「【都知事選】民主都連会長が「候補者選定の項目満たしている」と舛添要一氏の支持に前向き」より 2014/1/1 00:50)

相乗りか、独自候補か。民主党は1月7日に常任幹事会を開き、都知事選の方向性をまとめたいとしている。

【Twitterの意見】

関連記事

2014年の都知事選に名前が上がる人々
2013年の出来事 社会ニュース 画像集