ニュース

尖閣諸島周辺に中国人が乗った熱気球が不時着水 海上保安庁が救助

2014年01月02日 23時44分 JST | 更新 2014年01月03日 16時01分 JST
Reuters

reuters logo

尖閣諸島(中国名・釣魚島)の周辺海域で1日、中国人男性1人が乗った熱気球が不時着水した。男性は尖閣諸島に上陸しようとして失敗したとみられている。

男性は河北省出身のXu Shuaijunさん(35)で、魚釣島の南22キロの海域で漂流していたところを日本の海上保安庁が救出して中国側へと引き渡したという。

安倍晋三首相は1日、新年の年頭所感で、「国民の生命と財産、日本の領土・領海・領空は、断固として守り抜く」と表明していた。[東京 2日 ロイター]

関連記事

中国初の空母「遼寧」
尖閣問題 画像集