ニュース

箱根駅伝2014、東洋大が総合優勝 2年ぶり4度目

2014年01月03日 15時55分 JST
時事通信社

第90回目となる東京箱根間往復大学駅伝は1月3日に最終日を迎えた。前日の往路を制した東洋大学が、復路では首位を他大学に一度も明け渡さずに、2年ぶり4度目の総合優勝を果たした。2位は駒澤大学。連覇を狙った日本体育大学は3位だった。朝日新聞デジタルが次のように伝えている。

陸上の第90回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの復路5区間109・9キロに23チームが参加して行われ、前日の往路を制した昨年2位の東洋大が一度も首位を明け渡さず、合計10時間52分50秒で2年ぶり4度目の総合優勝を果たした。

(朝日新聞デジタル「東洋大、2年ぶり総合優勝 箱根駅伝」2014/1/03 13:44)

箱根駅伝の公式サイトの発表によると、総合順位は以下の通り。

01位 東洋大学

02位 駒澤大学

03位 日本体育大学

04位 早稲田大学

05位 青山学院大学

06位 明治大学

07位 日本大学

08位 帝京大学

09位 拓殖大学

10位 大東文化大学

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

箱根駅伝 画像集