ライフスタイル

2013年心を鼓舞した女性を讃えるマイクロソフトのCMが話題(動画)

2014年01月05日 01時11分 JST

マイクロソフトは、2013年に人を導き、啓蒙し、耐え抜いた女性を讃える、見る者が自分を誇りに思えるような心を鼓舞する動画をつくった。

検索エンジンBingのこの広告 (上) は、教育活動家マララ・ユスフザイに始まって、サラ・バレリスの『ブレイブ』のビートに乗って進んでいく。水泳選手ダイアナ・ナイアドや同性婚の先駆者エディス・ウィンザーを含む数多くの注目すべき女性たちも、心を鼓舞するこの動画に登場する。女性のパワーについて語ろう。

ところがAdWeekが指摘するよう、この回顧動画を非難する人たちもいる。YouTubeのいくつかのコメントは男性が無視されていることを問題にする。「男だっていいことをした」と書いた人がいる。

英雄的な女性を讃えて、広告は「2014年は勇気をもって」の一文で結ばれる。

これは誰もが心に銘じていいアドバイスである。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

21 Photos That Showcase Women's Athleticism