ライフスタイル

野良猫が生後1日の子犬を保護し、家族の本当の意味を示した

2014年01月06日 02時32分 JST

ハフィントンポストでは2013年前半に、ラーリンという名前の猫とノーランドいう名前のピットブルの子犬の種を超えた愛に関する記事を掲載した。

6か月後の今、このペアを救出した組織であるクリーブランド動物保護連盟 (APL) は、ペトコ財団の「Holiday Wishes Grant Campaign」コンテストから25,000ドルの助成金を獲得した。

Cleveland.comが報じるところでは、APLの思いやりの深い職員がクリーブランドのガレージでノミに覆われた生後1日のピットブルを見つけた。その女性職員はピットブルの母親を見つけることができなかったので、子犬をAPLに連れて帰った。

チームはノーランドをラーリンと一緒にすることに決めた。ラーリンもまた通りから拾われてきており、最近4匹の子猫を出産していた。

lurlene noland 1

lurlene noland 2

その日にノーランドの母親であるモリーは発見されたが、不安な様子でまた空腹な状態だった。のちに、動物の養育放棄の罪で有罪判決を受けたモリーの飼い主は、モリーを家の背後に鎖でつないでいた。

モリーは、自身でノーランドの世話ができない状態なのと、ノーランドは、ラーリンや彼女の子供たちとたいへん仲が良かったので、APLは養子縁組に十分な年齢になるまで、その子犬を生育室でラーリンの家族と一緒に住まわせることに決めた。ノーランドは時々、母親と遊ぶためにシェルターに戻っていった。

lurlene noland 3

「ノーランドは家族とたいへんうまく溶け込みました。ノーランドが猫用のトイレを使用していることすら、何度か観察されています」APLの発育ディレクター、ジュディ・ハンターは、ペトコ財団に宛てた文書でそのように書いている。

最終的に、ノーランドは同年齢の子犬と一緒の生育室に入れられて、そこで犬になるための方法を学んだ。

APLのディレクター、シャロン・ハーヴェイ氏は、この物語は、「この動物たちから、許しと無条件の愛、受容の力について学ぶこと」を含め、APLの価値、と語った。「そして、本当にこの問題に取りかかろうとするときには、許しと無条件の愛、受容の力がそのすべてだと思いませんか」ハーベイ氏はCleveland.comにそう語っている。

lurlene noland 4

関連記事

Animal Moms
びっくりしたネコたち 27連発