ニュース

2033年のサンフランシスコの姿

2014年01月05日 01時01分 JST | 更新 2014年01月05日 01時31分 JST
Warriors

サンフランシスコにとって、2013年は激動の一年であった。バットマンキッドが街をうめつくし、技術団体は批判を受け、人々が賛同することと言えば家賃がとんでもなく高いということぐらいだ。

しかし、もし大きな都市の計画が何らかの指標となるのであれば、将来は明るい—―エンバカデロからビーチへのプロジェクトが進行中である。サンフランシスコが、今後20年間でどのように変容するかを描いた完成予想図に目を通してみよう。肌寒く、高齢化が進む、愛にあふれたこの都市に、ハッピーニューイヤー。

1. ウォリアーズウォーターフロントアリーナ

ニンビー主義の人々が懸念する耐えられない事として、ゴールデンステート・ウォリアーズのサンフランシスコ移転の可能性は、埠頭30-32への18,000席のウォーターフロントアリーナの建設をもたらしそうだ。その計画は手頃な価格での住宅供給の提唱者と環境保護団体からの反対にあっている。しかし、そのプロジェクトは「崩壊した埠頭を修繕し、新しいイベント・パビリオンを建設し、ウォーターフロントに、新しいユニオンスクエア3つ分に相当する、8エーカーの新しい公的なオープンスペースを創出する」という目標を掲げている。そして、もちろん、ウォリアーズを海を越えたサンフランシスコに招致するということもだ。

Before:

san francisco piers 30 32

After:

san francisco piers 30 32

2. トランスベイトランジットセンター

「西の基幹中央駅」として期待されるこの乗継ハブは、新しい構造で、トランスベイターミナルを引き継ぐ見通しだ。11の乗り換えシステムを通じて8つのベイエリアの州をつなぎ、セカンドまたミッションストリートの近くに位置する。2017年に完成予定で、トランスベイトランジットセンターは波打つメタル状の外装、自然光が室内に入るような円柱、そして屋上には、庭、小道、屋外円形劇場、子ども用のプレイエリア、レストランとカフェを併設したシティーパークを設置するという。トランジットセンターの完成に次いで、プランナーたちは周辺の住居区とビジネス区、カルトレイン、カリフォルニア高速鉄道の拡張も水面下で進めていく予定だ。

Before:

san francisco transbay terminal

After:

transbay1

ペリ・クラーク・ペリ建築プロジェクト

3. サンフランシスコ近代美術館

2016年のオープンを予定し、7階建て、先代美術館の2倍の展示スペースにて、新しいSFMOMAが建設される。学校教育プログラム向けの3部の展開と、美術品で満たされた15,000平方フィート近いスペースで、SFMOMAを新たな強力なコミュニティの柱にしようと試みている。また、その環境設計はリードのゴールド認証を取得する目論見である。

Before:

moma1

After:

moma2

4. キャンドルスティック・パーク

これは一大ゲームだった。アトランタファルコンズが、サンフランシスコ・フォーティナイナーズと27-24の状態になり、残り 2分を切ったところで、アトランタはオンサイドキックを取り戻し、チームの勝利へと近づいた。しかしディフレクトと奇跡のインターセプトで、サンフランシスコのナバーロ・ボウマンは勝利のタッチダウンへの89ヤードを走った。キャンドルストックパークでの最後のゲームの最後の勝利だった。

サンフランシスコ・フォーティナイナーズはサンタクララの新しいスタジアムに今年移る予定である。その出発こそほろ苦かったものの、サンフランシスコはこの跡地に壮大な構想を描いている。ハンターズ・ポイント海軍造船所プロジェクトの一部として、この広場はショッピング、レストラン、エンターテイメント施設を含む屋外商業施設に姿を変える予定だ。このショッピングセンターは大々的な近隣の再開発計画の支柱になるであろう。1906年の地震以降、この年最大の開発プロジェクトだ。近隣地区にはマンション、手頃な価格での住宅、コミュニティ施設、オフィススペース等が建設される予定だ。

Before:

candlestick

After:

candlestick

5. ハンターズ・ポイント海軍造船所

旧海軍造船所は1974年に閉鎖され、以後造船アーティスト団体に使用されていた。アーティスト団体は存続しているが、間もなく多くの家、公園、商業スペースが近隣に出来る予定だ。

Before:

hunters point

After:

hunters

6. フィッシャーマンズ・ワーフ公的領域計画

フィッシャーマンズ・ワーフ公的領域計画は、ウォーターフロントのアクセス、歩きやすさ、特異性、地元の人を楽しませる独特のアクティビティ等の改良により、人気の観光地を再考するというものだ。その計画の中心となるのが、街中を通じて最もよくつかわれるジェファーソンストリートの改良だ。カフェの屋外シートや公的なレクリエーション広場を設置できるサイドウォークの拡張などが考えられている。オランダの都市デザイン企業ゲールアーキテクツは、改良された様相とストリート計画で、ウォーターフロントアクセスの地の利を生かし、観光客を招致し、コミュニティをフィッシャーマンズ・ワーフの明確な中心として強化する、完成図を視覚化している。

Before:

wharf1

After:

wharf 2

7. ギアリーバス高速トランジット

ギアリーバス高速トランジットのプロジェクトは、交通の便と多くの車両が通るギアリーコリドーの道路状況の向上を目論み進行中だ。これは、ギアリー大通り、ギアリー通り、オファーレル通りを含み、リッチモンドエリアからダウンタウンへの車両を通行させるものである。その計画は、交通信号優先、全ドアの乗降のバス専用レーンの設置、角の「電球が無い」可視性の高い横断歩道、照明が改良された中央分離帯、停留所、造園、樹木の増殖を含む。約2.4億ドルを投じたプロジェクトは2018年に竣工予定だ。

Before:

geary1

After:

geary 2

8. 中央地下鉄

既に着手されている中央地下鉄のプロジェクトは、ベイショアエリアとミッションベイエリアをSOMA、Yerba Buena、Union Square、Chinatownの駅を通じてダウンタウンに接続する軽量軌道を建設予定だ。1.7マイル、15.6億$のプロジェクトは2019年に公開される予定だ。

Before:

union square san francisco

After:

union square san francisco

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

新国立競技場 画像集