Huffpost Japan

新成人、7割超が「プライベート重視」 理想の社会人第1位は......

投稿日: 更新:
SEIJIN
(写真はイメージ)新成人を迎え、晴れ着姿を披露するSKE48のメンバー。左から佐藤聖羅さん、梅本まどかさん、矢方美紀さん、小木曽汐莉さん、柴田阿弥さん、小林亜実さん、日置実希さん=14日、東京都千代田区外神田の神田明神 撮影日:2013年01月14日 | 時事通信社
印刷

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が1月8日、成人式への参加や、理想の社会人像、理想の働き方などのアンケート結果を発表した。

成人式に「参加するか」については、74.5%の人が「行く」と回答した。行かないと回答した理由としては「面倒だから」「地元から離れて住んでいるため」「行く意味や必要性を感じない」などが挙げられたという。

■7割超が「プライベート重視」、4割が「地元重視」

「どんな働き方をしたいか」という選択式の質問では、73.1%の人が「プライベート重視で働きたい」と回答。仕事よりもプライベートを大切したい意識が浮き彫りとなった。「バリバリ働きたい」人は20.6%で、「働きたくない」人は6.4%という結果となった。

seijin

また、働きたい地域については「地元で」と答えた人が一番多く40.2%。「海外で」と答えた人は、わずか3.1%。今年の新成人の傾向としては、「地元志向」「プライベート重視」の希望が強いことが分かった

■働きたい組織は、「中小企業で働きたい」がトップ

「どんな組織で働きたいか」を尋ねた質問では、「中小企業」と答えた人が31%で一番多い結果に。次いで「大企業」が24%、「公務員」が23%と続いた。「フリーランス・起業」と答えた人は6%にとどまった。

seijin

「働きたい組織」と「どんな社会人になりたいか」についてクロス集計を行ったところ、プライベート重視派は中小企業志向が強く、バリバリ働きたい人は大企業を選ぶ傾向が高かった。働き方の志向に関わらず、公務員には一定以上のニーズがあることがわかった。

■理想の社会人像は、「母」「先生」など身近な人

なお、新成人の理想の社会人像については、「母親」「先生」「父親」など身近な存在が上位を占めた。著名人は、最上位で5位のイチロー。次いで、7位に俳優の堺雅人、8位にスティーブ・ジョブズや本田圭佑などがランクインしている。

riso

なお、調査概要は以下の通り。

【調査概要】

・調査対象:2014年の新成人[1993年4月2日〜1994年4月1日生まれ]

      男女200名ずつ 計400名

・調査期間:2013年12月20日(金)~21日(土)

・調査方法:インターネット調査

※新成人の7割超が「プライベート重視」だとわかりました。このような傾向について、どう思いますか? あなたの声をお聞かせください。

Close
2014年に成人を迎える芸能人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【調査の関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

統計局ホームページ/統計トピックスNo.66/2 新成人人口は122万人

新成人、「消費増税」に最も関心 3割が景気肯定派:朝日新聞デジタル

2014年 新成人に関する調査

新成人、「消費増税」に最も関心 3割が景気肯定派