ニュース

大気汚染の中国、巨大スクリーンで「バーチャルな日の出」

2014年01月20日 00時22分 JST

2014年1月16日、スモッグに包まれた天安門広場。大型LEDスクリーンに映し出された日の出の画像。(ChinaFotoPress/ChinaFotoPress via Getty Images)

灰色のスモッグがたちこめる北京市の天安門広場で1月16日、設置されている巨大スクリーンに「輝く日の出の画像」が映し出された

中国の山東省が展開する観光キャンペーンの一環として流されたものだが、夜が明けていく美しいこの画像は、数日間にわたって北京の空を覆っているどんよりとした灰色の雲と著しい対照をなしている。

中国北部では数年前からひどい大気汚染が続き、「Airpocalypse(大気+黙示録:「大気汚染による世界の終末」を意味する造語)」と揶揄されている。1年前にも、スモッグのなかで天安門広場の巨大スクリーンに映し出された青空の画像が話題になった。

2013年1月23日、危険値に達した大気汚染の影響でどんよりとかすむ天安門広場。大型LEDスクリーンに映し出された青空の画像。(Feng Li/Getty Images)

1月第3週、北京の大気汚染は2013年1月以来、最も深刻なレベルとなった。北京の米国大使館が計測するPM2.5の値は、世界保健機関(WHO)による環境基準値(1日25マイクログラム)の26倍(671マイクログラム)に達した。

米TVネットワーク「NBC」の報道によると、北京市当局は市民に対してマスク着用を呼びかけている。英紙「デイリー・テレグラフ」は、米国大使館が「屋外での活動を差し控えるよう」注意を促していると伝えている

「デイリー・テレグラフ」紙はさらに、1月16日には皮肉な文言がスクリーンに躍ったと伝えている。「大気環境の保護は、ひとりひとりの責任」というものだ。

2014年1月16日、大気汚染で灰色にかすむ天安門広場の巨大スクリーンに表示された「大気環境の保護は、ひとりひとりの責任」というメッセージ。(ChinaFotoPress/ChinaFotoPress via Getty Images)

なお、天安門広場の巨大スクリーンは、2009年に、中国建国60周年を記念して設置されたものだ。観光地紹介や政府広報に用いられている。

2009年9月22日、国慶節の祝賀行事を前に設置された天安門広場の巨大スクリーンに見入る観光客。(Feng Li/Getty Images)

[Charlotte Alfred(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

中国 大気汚染 画像集