Huffpost Japan

大瀧詠一さんをしのぶ特設展示 東京・瑞穂町図書館

投稿日: 更新:
印刷

昨年末に65歳で亡くなったミュージシャンの大瀧詠一さんをしのび、自宅がある瑞穂町の町図書館で特設展示が行われている。日本のポピュラー音楽界に大きな足跡を残した大瀧さんゆかりの品々が並ぶ。

特設コーナーは図書館入り口近くに設置した。アルバムのロゴ入りエプロンやTシャツは、遺族から提供を受けたという。また、町民が大瀧さんからもらったという直筆サインも借り受けて展示。色紙にはロックバンド「はっぴいえんど」解散後の1974年に設立したレーベル名「Niagara」と書かれている。

その他にも、自身のヒット曲「君は天然色」が収録されたLPや、テレビドラマの主題歌に使われミリオンセラーとなった「幸せな結末」のほか、大瀧さんが楽曲提供した松田聖子さんの「風立ちぬ」、森進一さんの「冬のリヴィエラ」といったCDや関連書籍など約40点を集めた。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 

ハフィントンポストの人気記事

Close
2013年に亡くなった人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

東京)大瀧詠一さんをしのぶ特設展示 瑞穂町図書館