ニュース

ビル・ゲイツ氏が71秒で負けたチェスの試合(動画)

2014年01月27日 22時16分 JST | 更新 2014年01月27日 22時16分 JST

ビル・ゲイツ氏はコンピューターの天才で、億万長者かもしれない。また、最近は発展途上国を支援したりして、国際的な尊敬を集めているかもしれない。

しかし、そんな彼でも、チェスには負ける場合がある。

最近行われた記念試合で、ゲイツ氏は現在の世界チャンピオン、マグナス・カールセンに、わずか71秒で負けたのだ。

チェスは純粋な知力のゲームと思われているかもしれないが、実際には、練習がかなりモノを言うゲームだ――少なくともわれわれは、iPhoneのチェスゲームの「初級」レベルで負けたとき、自分にそう言い聞かせている。

カールセン氏は1990年11月30日生まれの23歳で、「チェス界のジャスティン・ビーバー」という異名がある。2013年11月22日、世界チェス選手権でヴィスワナータン・アーナンドを破り、世界チャンピオンとなった。22歳での王者は、ガルリ・カスパロフと並ぶ最年少記録。

[(English) 日本語版:/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

10 Best Tablets