ニュース

「ごちそうさん」視聴率24.7% 杏の長女役、松浦雅を勇気づけた一言とは?

2014年01月30日 00時18分 JST | 更新 2014年01月30日 00時39分 JST
NHK『ごちそうさん』HP

女優の杏が主役を務めるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。ビデオリサーチの調査によれば、1月20日に番組平均視聴率24.7%を記録するなど、第16週に入っても視聴率は好調だ。

ごちそうさんの画像集

2014年から舞台は、昭和7年の大阪。西門め以子は、一女二男の子の母親となった。子育てや、多忙な夫(東出昌大)との関係に悩みながら奮闘する、め以子の姿が描かれている。

結婚することになった義妹・希子(高畑充希)のサプライズによって、東京の両親や義姉の和枝(キムラ緑子)に見守られながら、悠太郎とめ以子は西門家で祝言を上げる。その後、義父の正蔵(近藤正臣)が眠るように息を引きとった。

昭和15年、正蔵が亡くなってから数年後に開戦した日中戦争の影響で、日本は資材や燃料のほか、食料なども節約しなければならなくなった。

お国のために出征兵士を送り出してきた、め以子だが、幼なじみの源太が出征することになり、初めて戸惑いを覚える。砂糖も配給制となり、戦局は悪化の一途を辿っていた……。

3人の子供たちも成長し、泰介は中学で野球に励み、食いしん坊の活男(西畑大吾)は、め以子と一緒に料理を楽しむように。そして、長女・ふ久(松浦雅)は食事よりも物理の勉強が大好きな女学生になった。

物理に夢中な、ふ久を演じるのが、松浦雅(18)だ。「ジュノン・ガールズ・コンテスト」で初代グランプリを獲得。昨年は舞台「美少女戦士セーラームーン」にも出演しているが、「ごちそうさん」が本格ドラマデビューとなる。

松浦は、撮影初日は足が震えたというが、杏が励ましてくれたという。

「あまり緊張しない方ですが、朝ドラの撮影初日は足が震えて…。だけど、杏さんが本当のお母さんみたいに『大丈夫、自分を出してやろうね』と励ましてくれて、うれしかった」



(サンスポ「朝ドラで“本格デビュー”松浦雅」より 2014/01/04 05:02)

現在は、杏に信頼を寄せながら日々、撮影に臨んでいるという。

Twitter上には、ふ久の成長を見守る声も上がっている。

【「ごちそうさん」の関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

NHK画像集