ニュース

メビウス、4月から430円 JTがタバコ1箱10〜20円値上げ

2014年01月30日 18時57分 JST | 更新 2014年01月30日 19時05分 JST
jiji

消費税が2014年4月以降、8%に引き上げられるのに合わせ、日本たばこ産業(JT)は1月30日、タバコの価格を10〜20円引き上げると発表した。主力製品のメビウスは、1箱430円になるという。ロイターなどが報じた。

JT は30日、4月に消費税率が8%に引き上げられることに伴い、たばこの価格を10─20円引き上げると発表した。財務相に認可申請を行った。主力製品の「メビウス」は1箱410円から430円に引き上げる。



(ロイター「JT、消費増税に伴いたばこ10―20円値上げ 「メビウス」は430円へ」より 2014/01/30 15:07)

2003年7月には250円だったメビウス(旧マイルドセブン)の価格は、4月から430円に。この10年余りで180円値上がりしたことになる

タバコ価格は、公共料金の1つとされており、タバコの価格を変更する際は、財務省の認可が必要になる。そのため、各メーカーは銘柄ごとの値上げ幅を2013年10月末までに財務省に申請し、2月までの認可を目指していた。

JTの調査によれば、日本の成人男性の平均喫煙率は32.2%で、この19年間、減少しつづけている。今回のタバコ価格の値上げが、更なる喫煙者減少につながる可能性がある。

JTは2013年10月、たばこ販売の減少を受けて生産体制を縮小するため、国内9工場のうち4工場を、2016年3月までに閉鎖すると発表していた

Twitterの声

【タバコの関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Our Body On Tobacco