ニュース

レトロな看板の文字で遊ぼう「のらもじ発見プロジェクト」

2014年02月04日 00時45分 JST | 更新 2014年02月04日 00時51分 JST

古き良き昭和の文字をフォント化するプロジェクト、「のらもじ発見プロジェクト」のウェブページが面白い。

昔ながらの商店や理容室の看板の文字をデジタル化し、ウェブページ上で任意の文字を入力すると、看板のイメージのまま、画像で見られる仕組みだ。

のらもじ発見プロジェクト

このプロジェクトでは、看板の文字をフォント化し、フリーで配布。グッズも販売し、その収益は看板のあるお店に還元されるという。東京タイプディレクターズクラブ賞も受賞したプロジェクトの作業を、動画で公開している。

しかし、「文字をデザインしたのはお店ではなく請け負ったデザイナーでは」といった意見や、「のら、という言葉を使う違和感」など一部でプロジェクトに対して疑問を呈する声もある。

【デザイン関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています