ニュース

トヨタ、リーマン・ショック以降初の最高益更新へ

2014年02月04日 19時18分 JST | 更新 2014年02月04日 19時35分 JST
時事通信社

トヨタ自動車は、2014年3月期の業績予想で、営業利益を2兆4000億円に上方修正した。6期ぶりに過去最高を更新する見込みだという。朝日新聞デジタルなどが報じた。

トヨタ自動車は4日、2014年3月期の業績予想で、本業のもうけを示す営業利益を2兆4千億円(前年比81・7%増)に上方修正した。リーマン・ショック前の08年3月期(2兆2703億円)を超え、6年ぶりに過去最高を更新する見通しだ。



(朝日新聞デジタル「トヨタ、6年ぶり過去最高益へ 2014年3月期予想」より 2014/02/04 15:22)

売上高は前年比15.6%増の25兆5000億円、純利益は同97.5%増の1兆9000億円と見込むという

トヨタは、北米などの海外市場で販売が好調。「カイゼン」活動によって原価低減を進め、円安の追い風で輸出採算が改善。大幅に増益した。

トヨタは、リーマン・ショック後にさらに徹底させた「カイゼン」活動で、為替相場が1ドル=79円でも利益が出るまでに原価低減を進めてきた。同社にとって1円の円安は、対ドルで年400億円、対ユーロで40億円の増益要因。



(時事ドットコム「時事ドットコム:トヨタ、最高益更新へ=営業益2兆3000億円超に-今期」より 2014/01/30 10:14)

佐々木卓夫常務は会見で、以下のようにコメントしている。

これまでの過去最高だった08年3月期当時に比べて「今期のほうが円高に振れており、車も小型車にシフトしている」と事業環境の違いを指摘し、「営業面の努力や原価低減の努力の成果が出てきている」と述べた。



(ロイター「トヨタ今期営業利益予想2.4兆円に、6年ぶり最高益へ」より 2014/02/14 17:39)

トヨタFT-1写真集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

【トヨタの関連記事】

東京オートサロン2014写真集