ニュース

小笠原にできた新島、西之島とくっついてさらに拡大中 海保「100年や200年は残る」

2014年02月05日 17時25分 JST

2013年11月に海底噴火から小笠原諸島に現れ、成長した新しい島は、隣にある西之島とつながり、さらに大きくなっている。海上保安庁が2月3日、確認した。1月20日の状態と比べて、東西方向、南北方向ともに100メートル大きくなっているという。

小笠原の新島、西之島と合体し拡大中 2014年2月のようす

新島ができた当初は、すぐに波でなくなってしまうのではと危惧されていたが、西之島とつながって拡大していることにより、その可能性は低くなった。

海保の担当者は「火山活動が収まって波で削られても、100年や200年は残るだろう」と話している。



(MSN産経ニュース「西之島の大きさ3倍に「100年や200年は残る」」より 2014/02/05 08:14)

新島が西之島とつながったときは、「スヌーピーに形が似ている」というTwitterの投稿もあった。

小笠原諸島の"新島" 噴火前も分かる画像集

【西之島関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています