ニュース

浅田真央、トリプルアクセル失敗も3位 日本は総合で5位に フィギュア団体

2014年02月08日 18時11分 JST
Matthew Stockman via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 08: Mao Asada of Japan competes in the Figure Skating Team Ladies Short Program during day one of the Sochi 2014 Winter Olympics at Iceberg Skating Palace on February 8, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

国別に争う、ソチ冬季オリンピックフィギュア団体戦の女子ショートプログラムが2月9日未明に行われ、浅田真央選手が登場。64.07を記録し3位だった。

浅田真央 ソチ五輪スライドショー

浅田選手は冒頭のトリプルアクセルこそ失敗したが、そのあとのコンビネーションは決め、無難にまとめた。この結果、日本チームは総合点で4位となって、上位5カ国まで進めるフリーに進出した。

浅田選手の後にフリーも出場した高橋成美、木原龍一組のペアは86.33点で5組中最下位。この時点で、日本は総合点で合計30点で暫定5位。1位のロシア47点、2位カナダ41点、、3位にアメリカ34点、4位イタリア31点につぐ暫定成績となっている。

フィギュア団体は、男子・女子のシングルとアイスダンス、ペアを国別に演じ、順位ごとにポイントが割り振られ、その合計ポイントで争う競技。9日に男女シングルとアイスダンスのフリーが行われ、メダルが決まる予定。

【ソチオリンピック関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています