ニュース

ソチオリンピック選手と同じようにカロリーを消費する方法

2014年02月10日 21時48分 JST | 更新 2014年02月10日 21時48分 JST

ソチオリンピックが始まって、ソファで過ごす時間が少し長くなっていませんか?

絶好調の選手たちの活躍は、とても感動的なものです。それに共感して、すぐに私たちがリュージュやスケルトン練習を行うことはできないですが、それ以外のオリンピックのスポーツは、週末にスキー場やスケート場などにいけばチャレンジできるかもしれません。

以下は、あなたが実践できそうな種目を挙げています。それと同時に、それぞれの種目を実践したときに消費できるカロリーについてもまとめています。オリンピック選手がどのような運動をしているか確認してみてください(すべての計算は概算であり、68キロの体重の人を基準にしています)。

  • スキー
    Getty Images
    米国運動協議会によると、中強度のダウンヒルを1時間行うと612キロカロリーを消費し、1時間のクロスカントリーは816キロカロリーを燃焼します。
  • カーリング
    Getty Images
    MyFitnessPalによると、近所のカーリングクラブで1時間を過ごしたら、272キロカロリー消費することになります。
  • スケート
    Getty Images
    Self.comによると、軽度のスケートを30分行えば、196キロカロリーを消費することになります。\n\n運動強度をあげると、MyFitnessPalによれば、スピードスケートは30分間で510キロカロリーを燃焼します。
  • アイスホッケー
    Getty Images
    仲間を何人かつかまえて、リンクに行ってください。MyFitnessPalによると、アイスホッケーは1時間当たり544キロカロリーを燃焼させます。
  • スノーボード
    Getty Images
    1時間の適度なスノーボードで429キロカロリーを消費できます。ショーン・ホワイトのトリックをやる必要はありません。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Winter Workouts That Burn Calories