ニュース

ジーターが今季限りでの引退を発表 ヤンキース一筋で主将

2014年02月13日 00時50分 JST
Jim McIsaac via Getty Images
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 25: (NEW YORK DAILIES OUT) Derek Jeter #2 of the New York Yankees looks on before a game against the Tampa Bay Rays at Yankee Stadium on September 25, 2013 in the Bronx borough of New York City. The Rays defeated the Yankees 8-3. (Photo by Jim McIsaac/Getty Images)

アメリカ大リーグのヤンキースの主将を務めるデレック・ジーター選手(39)が2月12日(日本時間13日)ファン向けの交流サイト、Facebook上で、今シーズン限りで現役を引退することを表明した。

ジーターはFacebookの声明文で「20年間ずっと、最高のプレーをすることと、ヤンキースの勝利だけをめざしてきた」とした。しかし、「ケガに悩まされてから、今まで楽しみながらできたことが苦しみに変わった」とし、さらに「2014年がプロとして野球をプレーする最後のシーズンになる」「もう一度、世界一になりたい」などと記している。引退後は、ビジネスや慈善事業などを人生の新たな目標として進みたいとし、「世界を見てみたいし、夏休みも取ってみたい」と述べている。

スポーツニッポンは次の通り報じている。

ジーターは12年10月に左足首を骨折、、その後も右太腿、右ふくらはぎを痛め、昨季はわずか17試合の出場で打率1割9分、1本塁打に終わったため「昨年は自分にとって苦しいシーズンだった」と説明。「野球が仕事のように感じようになった時が、次に進む時なのだろう」と、1カ月ほど前に引退を決意したと明かした。

(中略)

ヤンキースのハル・スタインブレナー共同オーナーは、この時期に引退表明をした理由を「今朝、デレクから連絡があった。今、表明することで、ファンが彼にお別れを言う機会ができる」と説明した。

(スポニチ「ジーターが今季限りでの引退表明「次に進む時」、通算3316安打」より 2014/02/13 08:57)

ジーターは1995年のデビュー以来、ヤンキース一筋。5度のワールドシリーズ制覇に貢献し、オールスター戦には13度選出された。通算3316安打は現役最多で、甘いマスクで「貴公子」と呼ばれた。

松井秀喜氏とも親交が深く、イチロー選手はヤンキースの同僚だ。チームには、今季から田中将大投手が加わる。

甘いマスクで「貴公子」と評されるチームの看板選手。俊足巧打で上位打線を長年担い、守備でも幾度も見せ場をつくった。1998~2000年の3連覇を含む5度のワールドシリーズ優勝を、いずれも主力として支えた。同僚のイチローは「(いるだけで)空気ががらっと変わる」とその存在感の大きさを口にする。ヤンキースで7年プレーした松井秀喜氏とも親交が深かった。

ヤンキースは12年に捕手のポサダが現役を退き、昨季限りで先発のペティットと抑え役のリベラが引退。90年代後半からの躍進を支えた中核選手として残っていたジーターの引退は、一つの時代の終わりを印象付ける。「この20年、ヤンキースの勝利に貢献することに集中してきた。もう1度優勝の手助けをしたい」とジーター。田中が大型契約で入団した今季、華やかな現役生活の最後を飾ることができるか。

(時事ドットコム「相次ぐ故障で引き際決断=ジーター、花道飾れるか-米大リーグ・ヤンキース」より 2014/02/13 09:43)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

3000本安打を本塁打で飾ったジーター
松井秀喜 引退セレモニー