ニュース

アップル、電気自動車大手のテスラに買収提案? 地元紙が報じる

2014年02月18日 17時07分 JST | 更新 2014年02月18日 17時22分 JST
Bloomberg via Getty Images
An apple logo sit on a sign at Apple Inc.'s campus in Cork, Ireland, on Tuesday, June 4, 2013. Speaking to lawmakers in Dublin last month, Irish Finance Minister Michael Noonan insisted the country is no tax haven, after a congressional hearing in Washington focused attention on Apple Inc.'s maneuvers to minimize its tax bill through its operations in Cork in the south of Ireland. Photographer: Aidan Crawley/Bloomberg via Getty Images

アップルが、電気自動車大手のテスラ・モーターズに買収を提案したのでは、という憶測を、The San Francisco Chronicleが報じている。

同紙は、アップルの企業買収部門の責任者であるエイドリアン・ペリカ氏が、テスラのCEO、イーロン・マスク氏と会談。AppleのCEO、ティム・クックも話し合いに参加した可能性を指摘し、数度に渡って、アップルによるテスラの買収が話し合われたという。この件についてテスラは否定。アップルは反応していない。

マスク氏は電子決済サービス「PayPal」の前進となる企業のほか、ロケット製造開発のスペースX、太陽光発電のソーラーシティを起業。さらに、自ら取り組む予定がないのにもかかわらず、時速1290キロのチューブ列車の開発計画を発表するなど、常に未来を先取りする姿勢から、TwitterやSquareを創業したジャック・ドーシー氏らと並んで、最も注目される若手起業家の一人となっている。

アップルは、スマートフォン事業の成長率が鈍化する中、2014年には腕時計型の端末など身につけるタイプの電子機器やテレビの発売が噂されており、新たな商品分野の開拓が求められている。

仮にテスラが買収されるようなことがあれば、「マスク氏をアップルのCEOに」との声が上がる可能性もある。

【テスラ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

スティーブ・ジョブズ写真集