ニュース

ノルディック複合団体で日本は5位【ソチオリンピック】

2014年02月20日 20時50分 JST | 更新 2014年02月20日 22時26分 JST
Richard Heathcote via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 20: Hideaki Nagai of Japan competes in the Nordic Combined Men's Team 4 x 5 km during day 13 of the Sochi 2014 Winter Olympics at RusSki Gorki Jumping Center on February 20, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)

ソチオリンピックで2月20日、ノルディックスキー複合団体で、日本は5位となった。12日に個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗らが挑んだ。日本は「ジャンプ重視」でメダルを狙う戦略を立てていたが、キャプテンの加藤大平が18日の複合個人ラージヒルで負傷し、代わりに湊祐介が出場していた。

ノルディック複合団体【ソチ五輪】

前半ジャンプでは日本は6位となり、後半のクロスカントリーは首位のドイツから1分5秒遅れのスタートとなった。日本は1人目の永井秀昭で、チェコを抜いて5位に浮上。2人目の湊祐介が4位のフランスとの距離を詰めていく。3人目の渡部善斗、アンカーの渡部暁斗の兄弟が善戦するも、前を行くフランスを抜くことができなかった。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ソチオリンピック注目選手 画像集