ニュース

京浜東北線で脱線事故 JR川崎駅で回送車両が横転 乗員2人負傷

2014年02月23日 02時35分 JST | 更新 2014年02月23日 19時16分 JST
Twitter/bsaxpapa

JR川崎駅で2月23日午前1時ごろ、京浜東北線の上り列車の回送列車が横転する脱線事故が起きた。川崎署によると乗客はいなかったが、運転士と車掌の2人が負傷。2人とも意識はある模様。

JR京浜東北線の脱線事故【2014/2/23】

同署によると、脱線した場所は川崎駅のホームから東京方面に200メートルほど出た地点。10両編成のうち1両目と2両目が横転、3両目は約75度傾いている。線路の補修工事に使うトラック型の車両「軌陸車」に衝突した。

今回の事故で、24日のJRの運行に影響が及ぶ可能性が出ている。

【追記】 JR東日本が2月23日7時51分に出した告知によると、京浜東北線は川崎駅での脱線事故の影響で、蒲田~鶴見駅間の上下線で運転を見合わせている。運転再開には相当な時間がかかる見通し。(2014/02/23 09:05)

【追記2】 JR東日本が2月23日16時23分 に出した告知によると、京浜東北線は蒲田~鶴見駅間の上下線で終日運転を見合わせ。運転再開見込みは立っていいない。大宮~蒲田駅間・鶴見~大船駅間の上下線で一部列車が運休となっている。(2014/02/23 16:48)

【追記3】JR東日本が2月24日7時7分に出した告知によると、京浜東北線は全線で復旧し、通常通り運航している。

■近隣住民によるTwitterの投稿