Huffpost Japan

【ウクライナ】ティモシェンコ元首相が釈放、大統領選に出馬表明 「独裁は終わった」

投稿日: 更新:
TYMOSHENKO
KIEV, UKRAINE - FEBRUARY 22: Former Ukrainian Prime Minister Yulia Tymoshenko delivers a speech at the Independence Square after her release in the capital in Kiev, Ukraine on February 22, 2014. Tymoshenko, who was in prison since August 2011, was convicted and sentenced to seven years imprisonment for abusing her powers as prime minister by ordering Ukrainian Naftogaz to sign a gas deal with Russia in 2009. (Photo by Bulent doruk/Anadolu Agency/Getty Images) | Anadolu Agency via Getty Images
印刷

ウクライナの反政府勢力指導者で、2月22日に釈放されたユリア・ティモシェンコ元首相は首都キエフにある反政府勢力の拠点「独立広場」で演説を行い、「独裁は終わった」と宣言した。

また、ティモシェンコ元首相は5月25日に前倒しで実施される大統領選挙に出馬する意向も表明した。

ティモシェンコ前首相は2004年のオレンジ革命を主導したが、2010年の大統領選挙でヤヌコビッチ大統領に敗北し、2011年には職権乱用罪で逮捕され、服役していた。

Close
ティモシェンコ元首相の画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ユリア・ティモシェンコ元首相はキエフに向かう途中、報道陣に対して5月の大統領選挙に立候補することを表明した。

(イギリス・スカイニュースのモスクワ駐在員ユリア・ブラジナ記者 2014/02/22 4:39)

インターネットメディア「ウクライナ・プラウダ」によると、ティモシェンコ元首相はひどくやつれた様子だったが、キエフに向かっている。―BBCがモニタリング

(BBCロシア支局長ケビン・ビショップ 2014/02/22 )

しかし、議会で解任されたヤヌコビッチ大統領は対抗する構えを崩しておらず、キエフを離れた後も「大統領は辞任しない」と明言した。

「今起きていることは非常に野蛮で、略奪的であり、クーデターそのものだ」とヤヌコビッチ大統領は述べている。

ヤヌコビッチ大統領は航空機でロシアに入るのを阻止されたと、ウクライナ議会の広報官が明らかにした

議会で大統領解任の決議が行われる前に、ヤヌコビッチ大統領はウクライナ北東部の都市ハリコフにある地元テレビ局に対し、大統領の辞任もウクライナを離れることも拒否したと伝えられている。また、現在のウクライナの状況を、ナチスが政権を掌握した1930年代のドイツになぞらえたという。

ヤヌコビッチ大統領は、反政府デモや報道陣が自由に大統領府へ入り込めるようになった時に行方不明となっていた。また、彼が所有していた奇抜なプライベート動物園の様子を撮影した写真がTwitterで掲載された。

キエフマイダンの活動家が大統領の住居を占拠し、プライベート動物園で酒を飲んでいる。#ユーロマイダン

(ウォール・ストリート・ジャーナル・モスクワ支局のアラン・カリソン記者 2014/02/23 1:44)

※注 マイダンとはウクライナ語で「広場」の意味。ユーロマイダンはキエフの「独立広場」の別名で、反政府デモの総称ともなっている。

ウクライナのヤヌコビッチ「前」大統領のプライベート動物園に1日いたタチアナ・マズールから送られてきた前大統領のペットの写真を3つセレクト。

(アムネスティ・インターナショナル広報担当で、元「インディペンデント」紙ウクライナ支局の記者マキシム・タッカー 2014/02/23 12:45)

この驚くようなヤヌコビッチ大統領の住居の光景は、巨大な壁で隠され、一般人は決して見ることができなかったものだ。

ヤヌコビッチが放棄した大邸宅の中で男性がカラオケを歌う歴史的写真。

(「キエフ・ポスト」ライススタイル編集者オルガ・ルデンコ 2014/02/23 2:32)

ヤヌコビッチのガレージにうっとりしそう。

(ウクライナ「チャンネル5」外国語記者ミロスラーヴァ・ペスタ 2014/02/22 10:19)

2月22日、政府はヤヌコビッチ大統領の権限を剥奪することを議会で可決した。

ヤヌコビッチ大統領はロシアに近いハリコフにいると伝えられている。

暴動が発生したウクライナでは、突然事態が進展し、権力の空白が生じている。そして、ヤヌコビッチ大統領と反政府勢力が21日に署名した停戦合意は無力化している。

ウクライナのインターネットメディア「エスプレッソTV」は、キエフの独立広場や議会などの様子を生中継している。

原文

※原文の記事の修正を受けて、日本語訳も訂正致しました(2014/02/24 11:13)

【用語】
オレンジ革命

ウクライナでは2004年10月31日に大統領選挙が実施され、親ロ派のビクトル・ヤヌコビッチ首相は親欧米派の元首相ビクトル・ユーシェンコ候補に敗れたが、11月21日の決選投票ではヤヌコビッチの得票率がわずかに上回り、当選と公表された。しかしユーシェンコ支持者が不正を理由に大規模な抗議運動を行い、最高会議、最高裁判所はやり直しの決選投票を指令した。12月26日の決選投票ではユーシェンコが大統領に当選し、05年1月23日に就任式が行われた。

ハフィントンポストの人気記事

Close
Ukraine Riots (GRAPHIC WARNING)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

動静注目ティモシェンコ氏 ヤヌコビッチ大統領最大の政敵 ウクライナ

ウクライナ 親欧米派の勢い加速化

デモ隊が大統領府に進入 ウクライナ 事実上の管理下に

ウクライナ首都での衝突の死者75人に、EUは制裁決定