Huffpost Japan

LINE、電話サービスを3月開始 出澤氏「ソフトバンク買収という話はないです」

投稿日: 更新:
IDESAWA
The Huffington Post
印刷

LINEは、アプリから一般の固定電話・携帯電話にかけられる「LINE CALL」のサービスを3月に開始する。通話料は携帯電話宛で1分14円、固定電話宛で1分3円となり、「今日現在、業界最低水準」としている。

なお、一部報道にあった「ソフトバンクが買収するのでは」という観測について問われた出澤剛取締役COOは、「ありません」と否定している。

LINE電話は、低水準の料金と、LINEのアプリから利用でき、クレジットカードの登録や、事前の会員登録は不要な手軽さが特徴。

プランは2種類。事前に通話料をアプリストアからのチャージして利用する「コールクレジット」と、有効期限30日で、60分ぶんの通話料を先に支払う「30日プラン」。

コールクレジットでは携帯電話宛が1分14円、固定電話宛が1分6円。30日プランは2種類あり、携帯電話・固定問わず1分6.5円のプランと、固定のみに制限されたかわりに通話料が1分2円の2プランが用意される。

IP電話の仕組みを利用する。au、ソフトバンクのスマホからかけた場合は相手先に、自分の携帯電話番号が表示されるが、ドコモの場合は非通知表示になるという。

line denwa

通話アプリ、メッセージングアプリをめぐっては今年に入って楽天がViberを、FacebookがWhatsAppを買収するなど競争が激化している。この点について、出澤氏は、

「そもそも競争は非常に激しい状況だったので、特に環境は変わっていない。こういうタイミングではピンチも、隙もチャンスもありうる。実際、FacebookがWhatsappを買収すると報じられた後、欧米でのユーザーの増加が跳ね上がっている。そういった動きがあること自体は歓迎すべきことだし、大事なことは競争が激しい中でよりよいものを作っていくこと」

と語っている。

Close
LINE Showcase 2014 Feb.
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【LINE関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

無料通話・メールアプリ LINE(ライン)