ニュース
2014年03月06日 23時05分 JST | 更新 2014年03月06日 23時09分 JST

布袋寅泰、ストーンズと至福の共演「夢の中にいるようだ」

oricon style

世界的人気の英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが6日、東京ドームで『14 オン・ファイアー ジャパン・ツアー』の最終公演を行い、サプライズゲストとして迎えたギタリスト・布袋寅泰と共演し、5万人を超す観客を熱狂させた。

 2012年8月に英ロンドンに拠点を移した布袋が、昨年11月に同所(O2シェパーズ・ブッシュ・エンパイア)で行ったライブをストーンズの関係者が観覧し、興味を持ったことがきっかけで共演が実現。7曲目の「Respectable」を演奏前に、ボーカルのミック・ジャガーが「トビキリノスペシャルゲスト!ホテイ!」と日本語で紹介すると、ドームは大歓声の渦に包まれた。

 メンバーに温かく迎えられた布袋は、チャーリー・ワッツ(Dr)のビートに合わせ、キース・リチャーズとロン・ウッド(ともにG)に挟まれてギターセッション。さらにはセンターマイクを分け合ってミックと熱唱すると、ガッチリ握手を交わした。

 昨今のストーンズのライブには、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、レディー・ガガ、ブルース・スプリングスティーンら大物がゲスト参加しているが、ここに名を連ねた布袋は「ザ・ローリング・ストーンズと一緒にステージでプレイできるなんて、ミュージシャンとしてこれ以上の幸せはない。いまだに夢の中にいるようだ。この至福の夢をかなえてくれたストーンズの皆さんに心から感謝している」と感激しきり。「この日のことは一生忘れません」と心に刻み込んだ。

 現在ロンドンで新作を制作中の布袋は、7月6日に英国の人気フェス『コーンベリーミュージックフェスティバル』に出演することが決まり「もっともっと自分を磨き、高め、必ずワールドツアーへの夢をかなえたい」と意気込んだ

【関連記事】

関連記事

ローリング・ストーンズの画像集
ボブ・ディランの画像集