Huffpost Japan

ウクライナ軍のミサイル基地を制圧 ロシア軍か

投稿日: 更新:
SEVASTOPOL
SEVASTOPOL, UKRAINE - MARCH 07: A Russian warship, part of a blockade of Ukrainian ships, is viewed in Sevastopol harbor on March 7, 2014 in Sevastopol, Ukraine. As the standoff between the Russian military and Ukrainian forces continues in Ukraine's Crimean peninsula, world leaders are pushing for a diplomatic solution to the escalating situation. Crimean citizens will vote in a referendum on 16 March on whether to become part of the Russian federation. (Photo by Spencer Platt/Getty Images) | Spencer Platt via Getty Images
印刷

ウクライナ軍拠点を武装部隊が制圧 ロシア軍か

ウクライナ南部クリミア半島のセバストポリで7日夜、ロシア軍とみられる武装部隊がウクライナ軍のミサイル基地に押し入り、制圧した。英BBCはウクライナ国境警備隊の推計として、クリミアに展開するロシア兵は1週間で倍増して3万人になったと伝えている。

ロイター通信などによると、ロシア海軍の黒海艦隊所属と見られるトラックが基地の門をこじ開けるとともに、周囲にいた数十人の兵士が基地内に侵入した。ウクライナ側は立てこもったが、「交渉の末に明け渡しを決めた」という。閃光(せんこう)弾が投じられたが、発砲などはなかったとされる。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 

ハフィントンポストの人気記事

Close
ウクライナ情勢【2014年2月】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

ウクライナ | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

【ウクライナ情勢】 クリミアのウクライナ軍部隊緊張 露軍が挑発、奪取に動く

コラム:ウクライナ問題、注目すべきは中国の出方

ウクライナ情勢一段と緊迫、クリミアがロシア編入決議

クリミア、ロシア編入ならゲリラ戦勃発も=ウクライナ元首相

ウクライナ、ロシア侵攻の場合ソチパラリンピック参加見合わせへ