Huffpost Japan

「1930年代 日本の観光ポスター」は美しかった

投稿日: 更新:
印刷

日本では、1930年代初頭から中頃にかけて、国立公園や温泉など各地の観光名所を宣伝する、美しいポスターが制作された。日本国外に流通することは珍しかったこれらのビンテージ・ポスターには、古い寺の塔や満開の桜の光景が、鮮烈な色合いと、すっきりした幾何学的なデザインで表現されている。

当時の名古屋市や大阪市、あるいは仙台市の鉄道局が制作し、日本のアール・デコ調デザイン全盛期を伝えるこれらのポスターは、非常に稀少なため、博物館や美術館の展示品としても価値があるものだが、その存在は米国ではこれまでほとんど知られていなかった。

アンティーク収集家であり、ビンテージ・ポスターにも詳しいルディー・フランチ氏は次のように述べている。「これらは、ほとんど偶然に発見された。ポスターを相続した若い男性は、それらに価値はないと考えていたのだが、あるとき偶然、ビンテージ・ポスターについての解説を無料で提供している私のウェブサイトを訪れたのだ。私は、彼のポスターを調べ始めて間もなく、これらが大量の宝物であることに気づいた」

これらの前衛的なポスターは、長い年月を経て、稀少価値の高い芸術作品へと変化を遂げた。今回の出来事は、今は大事にされていない広告チラシなども、いつの日か、博物館の壁に展示されるほどの価値を持つようになる可能性があることを示している。

これらの観光ポスターは、「Heritage Auction」が米ダラス市で2014年3月22日、23日に開催予定の「Vintage Movie Poster Signature Auction」(ビンテージ映画ポスターおよびサインのオークション)に出品される。予想落札額は、500ドルから800ドルの間だ。

  • 秋の名古屋(名古屋観光局、1930年代)
  • 秋の紅葉と温泉(大阪鉄道局および名古屋鉄道局、1930年代)
  • 天竜川下り(名古屋鉄道局、1930年代)
  • 山梨県の色彩豊かな山々(日本国有鉄道、1930年代)
  • 夏の養老(名古屋鉄道局、1930年代)
  • 白山の登山ポスター(名古屋鉄道局、1930年代)
  • 外国向けの「日本の観光」ポスター(日本国有鉄道、1936年前後)
  • 神話の舞台である霧島山、鹿児島県(日本国有鉄道、1930年代)
  • 現在は北朝鮮にある金剛山(日本観光局、日本統治時代の1930年代)
  • 北アルプス(大阪鉄道局、1930年代)
  • 奈良(奈良市観光局、1930年代)
  • 福井県小浜市の海水浴(大阪鉄道局および名古屋鉄道局、1930年代)
  • 立山(名古屋鉄道局、1930年代)
  • 松島へ(仙台鉄道局、1930年代)

[(English) 日本語版:丸山佳伸/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

訂正箇所を連絡