ニュース

佐村河内守氏の代理人に就任した2人の弁護士とは

2014年03月14日 01時58分 JST
The Huffington Post

ゴーストライター問題を謝罪した会見で、ゴーストを務めていた新垣隆氏を「名誉毀損で訴える」と発表した佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏の代理人に、弁護士2人が就任したことが明らかになった。3月12日、日刊スポーツなどが報じた。

佐村河内(さむらごうち)守氏(50)の代理人弁護士2人が決まったことが12日、明らかになった。



ロス疑惑の故三浦和義氏の無罪判決を勝ち取った弘中惇一郎氏(68)が代表を務める「法律事務所ヒロナカ」の山縣敦彦弁護士と、「三羽総合法律事務所」の秋山亘(とおる)弁護士。



(日刊スポーツ「佐村河内氏の代理人に弁護士2人就任」より 2014/03/12 23:47)

佐村河内氏から依頼を受けたのは「法律事務所ヒロナカ」。同事務所の代表、弘中惇一郎弁護士は、ロス疑惑の故三浦和義氏のほか、郵便不正事件の村木厚子氏、陸山会事件の小沢一郎氏などの裁判で無罪を勝ち取っている。ライブドア事件の最高裁では、堀江貴文氏の代理人を務めたという。

堀江:(中略)今一番優秀なのは弘中惇一郎先生ですね。郵便不正事件で村木厚子さんの無罪を勝ち取った人です。最近は小沢一郎さんもそうですね。その弘中先生に、最高裁でようやく頼んだんですよ。紹介してくれたのが「ロス疑惑」の三浦和義さんだったんで、なかなか素直に「はい」と言えなくて時間がかかってしまいました。



(dot.(ドット)『ホリエモン「ライブドア事件はもう忘れました」』より 2013/10/09 16:00)

今回は「法律事務所ヒロナカ」の山縣敦彦弁護士と、同事務所と親交のある「三羽総合法律事務所」の秋山亘弁護士がタッグを組むことになった。両弁護士は、連名の文書で「調査を進め、しかるべき対応をとる所存です」と発表した。

山縣、秋山両弁護士はこの日、連名の文書で「(騒動の)事実関係や法的問題に関する調査を進め、しかるべき対応をとる所存です」と明言。山縣弁護士はサンケイスポーツの取材に「佐村河内氏から聞き取り調査と資料集めをしており、訴える訴えないを含め検討中」と語った。



(サンスポ「佐村河内氏の新代理人にスゴ腕弁護士!臨戦態勢整う 」より 2014/03/13 05:04)

佐村河内氏は7日の会見で、自らを「感音性難聴」と説明。新垣氏から「普通に聞こえる」と指摘された点などについてウソを反論し「新垣隆さんほかを名誉毀損で絶対訴える」と発言していた。

【佐村河内氏の関連記事】

関連記事

佐村河内守さん画像集