NEWS

ワールドカップ開催地選出、FIFA倫理委が調査 2018年と2022年

2014年03月21日 15時11分 JST
Nadine Rupp via Getty Images
DOHA, QATAR - JANUARY 06: View of the Khalifa football stadium is taken at the ASPIRE Academy for Sports Excellence on January 6, 2013 in Doha, Qatar. ASPIRE Zone, also knowmn as Doha Sports City which is an huge area of 250 hectar including 10 football trainings grounds, big indoor arena for football, track and field, basketball and so on, as well as a big swimming pool with olympic measure and two hotels called The Torch and The Grand Heritage. The two German Bundesliga clubs FC Bayern Muenchen and Schalke 04 place their winter training camp there every January. The Khalifa International football stadium is also placed at Aspire Zone. The FIFA World Cup 2022 will take place in Qatar. (Photo by Nadine Rupp/Getty Images)

サッカー=W杯開催地選出めぐり、FIFA倫理委が調査

reuters logo

国際サッカー連盟(FIFA)は、2018年と2022年ワールドカップ(W杯)開催地選出について、同連盟の倫理委員会が調査を行っていることを明らかにした。

FIFAは2010年12月に、2018年W杯の開催地にロシア、22年W杯の開催地にカタールを選出。ロシアはイングランドのほか、ベルギーとオランダ(共催での立候補)、スペインとポルトガル(同)を破っての勝利。カタールは日本、韓国、オーストラリア、米国との勝負を制しての開催権獲得となった。

しかし、この2大会の開催地決定をめぐっては、不正が行われた可能性が指摘されており、FIFAはこのたび、倫理委員会のトップが理事数人を対象に事情聴取を行っているとの声明を発表した。

開催地選出にかかわった理事のうち、ゼップ・ブラッター会長を含む13人は理事会にとどまっているものの、9人がすでに離職している。

[チューリヒ 20日 ロイター]

関連記事

Fifa 2014 World Cup game
2014 FIFA World Cup Final Draw