NEWS

ANAが過去最多70機を発注した理由とは ブルガリアの国家予算に匹敵

2014年03月27日 16時07分 JST | 更新 2014年03月27日 16時16分 JST
Stephen Brashear via Getty Images
EVERETT, WA - SEPTEMBER 17: A Boeing 787-9 Dreamliner taxis on the runway in front of a crowd of employees before its first flight September 17, 2013 at Paine Field in Everett, Washington. The 787-9 is twenty feet longer than the original 787-8 and can carry more passengers and more fuel. (Stephen Brashear/Getty Images)

ANAホールディングスは3月27日、過去最大の70機の旅客機を新たに発注すると発表した。アメリカのボーイング社から40機、ヨーロッパのエアバス社からは30機を購入し、2016年度から2027年度にかけて導入する。

カタログ価格では合計1兆7270万円。ANAホールディングスの2014年3月期決算の売上高である1兆2120億円を上回る。ブルガリアの国家予算に匹敵する規模の大型発注となる。

【関連記事】

大型機には、幅広ボディを備えた最新型のボーイング 777-9Xを20機、新規に発注する。それまでの中継ぎとして、既存のボーイング 777-300ER を6機を追加発注するという。中型機は、ボーイング 787-9を新たに14 機追加。ボーイング 787シリーズは、すでに発注済みの物と合計すると80 機となり、787の発注数では世界最多になるという。小型機はエアバス A320neoを8機、エアバス A321neoを23機を新規発注する。

ANAが過去最多70機を発注

ANAは2020年の東京オリンピックを控えて新型機に交換し、海外から来る旅行者の「おもてなし」に力を入れる考えだ。プレスリリースで次のように書いている。

ANA グループは、2020 年の東京オリンピック・パラリンピックや、成長するアジアの需要を中心とした訪日外国人 2,000 万人の達成に伴い拡大する訪日需要、ならびに日本人のさらなる海外渡航需要拡大への備えを万全とするべく、今般発注の機材を活用して世界と日本の架け橋となるべく努めてまいります。

ANAグループ、5機種の機材発注を同時決定 | プレスリリース | ANAホールディングス株式会社)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています


ホンダジェット 写真集
ブルーインパルス【入間航空祭 2013】