NEWS

【袴田事件】袴田巌さん、東京拘置所から釈放 逮捕から48年、再審開始決定受け

2014年03月27日 18時24分 JST | 更新 2014年03月28日 14時46分 JST
時事通信社

静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、3月27日に再審が認められた袴田巌(いわお)さん(78)が同日、逮捕から48年たって東京拘置所(東京・小菅)から釈放された。時事ドットコムなどが報じた。

袴田巌さん(78)について、静岡地裁は27日、拘置の執行停止の効力を止めるよう求めた静岡地検の申し立てを退けた。地検が釈放を指揮し、袴田さんは同日午後、逮捕から48年ぶりに釈放された。

今回の決定は、死刑確定事件の再審開始決定と同時に、拘置の執行停止まで認められた初のケースだった。

(時事ドットコム「袴田巌さんを釈放=逮捕から48年ぶり-検察の拘置停止申し立て退ける・静岡地裁」より 2014/03/27 17:30)

袴田さんは、姉の秀子さん(81)らと一緒に車に乗り、拘置所を出たという。

支援者によると、袴田元被告には決定文を見せて再審開始について伝えたが、「ウソだ」と信じられない様子だったという。

(朝日新聞デジタル「袴田巌さん、東京拘置所から釈放 再審開始決定受け」より 2014/03/27 17:26)

NHKニュースは「袴田さんの近況」として次のように伝えている。袴田さんは逮捕されたあと、一貫して無実を訴え、家族に宛てて手紙を書き続け、その数は合わせて5000通を超えたという。

袴田さんがかつてプロボクサーだったことから、元世界チャンピオンの輪島功一さんらが支援を続け、再審の開始を裁判所に求めました。弁護団によりますと、最近は糖尿病の症状が悪化したため、今月3日から医療棟に移されていたということです。

(NHKニュース「逮捕から48年 袴田さん釈放」より 2014/03/27 18:18)

元プロボクサーの袴田さんは、静岡県で1966年に一家4人が殺害された袴田事件で死刑が確定した。しかし無実を訴えて再審を求めた結果、静岡地裁(村山浩昭裁判長)が3月27日、再審開始を認めた

静岡地裁は決定で、袴田さんが事件を起こした時に着ていたと以前の死刑判決で認定された衣類について、「重要な証拠が捜査機関に捏造された疑いがある」とした。そのうえで「拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」と指摘して、死刑の執行と勾留を停止し、釈放を認める異例の決定をした。

【関連記事】

関連記事

冤罪防止を求めネット署名開始