NEWS

橋本環奈、"天使すぎる"アイドルが「白戸家」と初共演 お父さんの"隠し子"役?【動画】

2014年03月29日 00時22分 JST | 更新 2014年03月29日 00時30分 JST

oricon style


【動画】“天使すぎる”橋本環奈、「白戸家」と初共演 お父さんの“隠し子”役?

ソフトバンクモバイルの人気CM「白戸家」シリーズに“天使すぎる”と話題になった福岡の地方アイドルグループ・REV.fromDVL(レブ・フロム・ディーブイエル)の橋本環奈(15)が出演することが28日、わかった。橋本は、「白戸家」お父さん行きつけのバーの娘役を演じている。

女優の上戸彩らレギュラーメンバーのほかに、過去には、前田敦子、4人組エアーバンド・ゴールデンボンバー、最近では千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーら豪華な面々が出演してきた同シリーズ。

橋本が出演した『娘』篇では、松坂慶子演じるバーのママの、とある発言をきっかけに、橋本はお父さんを「パパ」と呼び、自分の隠し子かもしれないとお父さんを動揺させる。さらに、その後を描いた『鑑定結果』篇では、真相を確かめるべく病院に向かったお父さんたちが、俳優の風間杜夫演じる医師から“想定外”の鑑定結果を告げられる様子をコミカルに描いている。

白戸家シリーズへの参加は「まさか自分が出られるとは思ってなくて、すごくビックリしました。とても光栄です」といい、松坂との母娘役にも「もうひとつのビックリ」と大喜び。撮影の合間には「きゃー、触っちゃったー!」と大ファンだという“お父さん犬”カイくんの背中や頭を撫でて興奮するなど、共演を楽しんでいた。

新CM『娘』篇、『鑑定結果』篇は29日より順次放送。

【関連記事】

関連記事

橋本環奈 画像集