NEWS

宮藤官九郎が14年ぶりに"月9"ドラマ出演 ドMな悪徳弁護士役

2014年03月30日 00時13分 JST | 更新 2014年03月30日 00時14分 JST
時事通信社

oricon style

宮藤官九郎、14年ぶり“月9”出演 ドMな悪徳弁護士役

昨年の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)の脚本家としての活躍が記憶に新しい宮藤官九郎が、尾野真千子主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『極悪がんぼ』(4月14日スタート、毎週月曜 後9:00※初回15分拡大)に出演することが29日、わかった。宮藤が連続ドラマに出演するのは12年ぶり、同局の“月9”ドラマに出演するのは、2000年1月の『二千年の恋』以来、14年ぶりとなる。

脚本家・映画監督・演出家・俳優・作詞家・作曲家・ミュージシャンなど多彩な顔を持つクドカン。ちまたにあふれる厄介ごとや無理難題に対処する裏社会エンタテインメントの今作では、俳優として元検事のヤメ検弁護士・豊臣嫌太郎(とよとみ・いやたろう)を演じる。

久しぶりの連ドラ出演で「生涯初の弁護士役。できるのか? できるんだろうか? 立ち位置とか、セリフとか、モニターチェックとか、もろもろ楽しめるのか?」と自ら不安をあおってみたり、「キャストは百戦錬磨のつわものばかりだし、監督は河毛俊作さん(『抱きしめたい!』『ナニワ金融道』シリーズほか)だし、きっと優しく介護してくれるに違いない」と言い聞かせたり。「皆さんの胸を借りて、胸から胸に飛び移りながら1クール乗りきろうと思います。頑張っているようにみえないように頑張ります!」と意気込んだ。

嫌太郎は、「正義はカネで買うもの」と言ってはばからない、カネのためなら汚い手を使ってでも依頼人を助ける強欲な男。しかし、仕事を離れるとスナック「まやかし」のママ・真矢樫キリコ(仲里依紗)にぞっこんで、全く相手にされなくても、それがまた快感というかなりクセのあるキャラクター。

先日行われた初めての収録では、キリコにひざまずき、手を取って求愛するものの、「黙っとれ変態!」と拒絶され、それでもひるまず「もっと叱ってお仕置きして~」と手に口づけしようとして、キリコに思いっきり蹴られるというシーンに挑み、みごとな「ドM」っぷりをみせていた。この春は、俳優・宮藤官九郎がテレビを賑わしそうだ。

【関連記事】

関連記事

2013年 年間ドラマ視聴率ランキング画像集