NEWS

浅田真央が優勝「やっと花開いた」【フィギュア世界選手権】

2014年03月29日 19時41分 JST | 更新 2014年03月29日 19時42分 JST
Atsushi Tomura via Getty Images
SAITAMA, JAPAN - MARCH 29: Mao Asada (Gold) of Japan poses with medal in the victory ceremony during ISU World Figure Skating Championships at Saitama Super Arena on March 29, 2014 in Saitama, Japan. (Photo by Atsushi Tomura/Getty Images)

フィギュアスケートの世界選手権・第4日目は3月29日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーが行われ、浅田真央(中京大)が138.03点で1位となり、合計216.69点で優勝した。浅田が世界選手権で優勝するのは4年ぶり3度目。ショートプログラムでは世界歴代最高となる78.66点をマークしていた。スポニチが報じた。

浅田は冒頭のトリプルアクセルを決めると、続く3回転の連続ジャンプも成功、途中一度手を付くシーンも見られたが、3連続ジャンプにビールマンスピンなど華麗な演技を次々に見せ、終了後は笑顔で大観衆に手を振って応えた。キム・ヨナが保持する合計の世界最高得点228.56点には届かなかったものの、ソチ五輪6位の雪辱を果たす形になった。



(スポニチ「真央 日本人初!3度目の世界選手権優勝 ラストの明子6位」より 2014/03/29 21:11)

2位はソチオリンピック5位のユリア・リプニツカヤ(ロシア)、3位はソチオリンピック銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が続いた。

鈴木明子(邦和スポーツランド)はシーズンベストには5点及ばなかったが122.70点をマークし合計193.72点で6位。村上佳菜子(中京大)は111.58点で合計172.44点となり10位だった。

フィギュアスケート 世界選手権 2014 画像集

「やっと花開いた」

浅田は演技終了後のインタビューで「こうして大きな会場でこの2日間、自分のできる精一杯の演技を、たくさんのお客さんの前ですることができて本当に嬉しかった」と感謝を述べた。

また、ソチオリンピックのショートプログラムで16位と出遅れ、フリーの演技の際には「得点ではなく自分が4年間、一からやってきたことを出そうと望んだ」と振り返り、そのときと比べて今大会では、「これまでやってきたことを、やりきったという演技をすることだけを考えた」と話した。

浅田はさらに、今シーズンについて、「(前回五輪の)バンクーバーから見直してきたことが、やっと花開いた感じ。悔しかったり、嬉しかったり色々なことがありましたけれど、改めて、フィギュアスケートっていいなと思った」と続けた。

なお、自身の進退については「ハーフハーフです」と話したという。

フィギュアスケート世界選手権の女子を自己新の216・69点で制した浅田真央(23=中京大)はフリーの演技後、自身の進退について「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」と話した。



(スポニチ『真央 進退は「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」』より 2014/03/29 21:14)

 
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
浅田真央 12歳からの画像集