NEWS

麻生太郎財務相、「ゴルゴ13」購入 消費増税の朝、コンビニで

2014年04月02日 01時25分 JST | 更新 2014年04月05日 18時36分 JST
時事通信社

麻生太郎財務相は消費税率が8%に上がった4月1日朝、コンビニエンスストアでお気に入りの漫画本「ゴルゴ13」とミネラルウオーターを購入した。閣議後記者会見で明らかにした。時事ドットコムなどが報じた。

麻生氏は漫画本の価格表示が「本体400円、税32円で432円」だったと紹介。店頭で価格表示に関する丁寧な説明書きも確認し、「税率8%が現場でしっかり動き始めていることにちょっとほっとした」と述べた。

1989年4月の消費税導入初日には、竹下登首相(当時)が百貨店で1本1万5000円の高級ネクタイを購入した。

(時事ドットコム:「麻生財務相、「ゴルゴ13」購入=消費増税の朝、コンビニで」 2014/04/01 11:43)

朝日新聞デジタルによると、麻生氏は「レシートをもらったら税率8%で計算されていたのでほっとした。ご負担いただいた増税分、しっかり社会保障の充実に役立てなければと改めて思った」と感想を語ったという。

また、麻生氏は、日銀短観が5期連続で改善したことについて「アベノミクスの成果が現れている」と述べた。

1日に発表された日銀企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の業況判断指数(DI)が、5四半期連続で改善した点について「アベノミクスの成果が確実に現れている」と評価。一方、3カ月先の先行きで、大企業と中小企業ともにDIが悪化する見通しであることについては「(平成25年度補正予算を財源とした)5兆5千億円の経済対策や、26年度予算の執行を着実に実行していかないといけない」と述べ、予算の早期実施で景気を下支えする意向を示した。

(MSN産経ニュース「【消費税8%】麻生財務相、コンビニで漫画購入 「現場しっかり動き始めていてほっとした」」 2014/04/01 12:11)

【関連記事】

関連記事

【写真で見るニュース】アベノミクスをめぐる動き