NEWS

ルネサスの子会社、アップルが買収か iPhone向け半導体の開発強化

2014年04月03日 01時56分 JST
Bloomberg via Getty Images
A Renesas Electronics Corp. central processing unit (CPU) board and microcontrollers are arranged for a photograph in Soka City, Saitama Prefecture, Japan, on Saturday, June 23, 2012. Renesas said it reached a basic agreement to receive support from its largest shareholders, while the company's major lenders will provide additional funding, as it seeks to recover from losses. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images

経営再建中の半導体大手「ルネサス エレクトロニクス」が子会社「ルネサスエスピードライバ」(東京都小平市、RSP)を、アメリカのアップル社に売却することを検討していることが判明した。RSPは、液晶用半導体を手がけており、アップルは同社の買収によって主力商品「iPhone」の技術開発に力を入れる考えのようだ。4月2日、MSN産経ニュースなどが報じた。

アップルは液晶性能を決める重要部品の技術を傘下に収めて、高画質で消費電力が少ないスマートフォン(高機能携帯電話)の開発を強化する狙いがある。ルネサスは現在、RSPの譲渡に向けて複数の企業と交渉している。アップルへの売却について正式に決定した事実はないとしており、交渉は流動的だ。

(MSN産経ニュース「ルネサスの子会社売却、米アップルが浮上 スマホ向け重要技術を傘下に」2014/04/02 10:02)

RSPは2008年4月、ルネサス、シャープ、台湾のパワーチップの3社が合弁で設立した。スマートフォンなどの中小型液晶向けドライバ・コントローラ事業に携わっている。

iPhone 6 予想画像(TechRader)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています