NEWS

龍谷大平安が初優勝 履正社を破る【選抜高校野球決勝】

2014年04月02日 15時33分 JST | 更新 2014年04月02日 16時12分 JST
時事通信社

第86回選抜高校野球大会第12日は4月2日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝が行われ、龍谷大平安(京都)が、履正社(大阪)を6―2で下し、初優勝を飾った。龍谷大平安は最多38回目出場で、初めて進んだ春の決勝を制した。

龍谷大平安は1回表、内野安打と押し出しデッドボールで2点を先制。履正社も2回に1アウト2塁から絹田のセンター前ヒットで1点を返したが、龍谷大平安は3、4回に1点ずつをあげリードを広げた。

履正社は5回、エラーなどで2アウト3塁のチャンスに、5番・西村のセンター前2塁打で1点を返し、4-2と追い上げた。

履正社は8回裏にも1アウト満塁のチャンスをつくったが無得点。逆に龍谷大平安は9回表、1アウト2塁から4番・河合がライトスタンドに飛び込む2ランホームランで突き放した。

日刊スポーツによると、近畿勢の決勝対決は1979年の箕島(和歌山)-浪商(大阪=現大体大浪商)以来35年ぶり7度目だった。

龍谷大平安は夏の全国選手権は3度の優勝を誇る。履正社は選抜4年連続6度目の出場だった。

koshien

1回表龍谷大平安無死三塁、大谷司(右)が先制の適時内野安打を放つ=2日、甲子園

【関連記事】

関連記事

高校野球 2013 画像集