NEWS

マレーシア航空機、捜査の対象は乗務員と操縦士に

2014年04月02日 19時28分 JST | 更新 2014年04月02日 19時33分 JST
ロイター

reuters logo

マレーシアのハリド国家警察長官は、消息を絶ったマレーシア航空370便に関する警察捜査の対象を、乗務員と操縦士に絞ったことを明らかにした。マレーシア国営のベルナマ通信が2日伝えた。

ハリド長官は、227人の乗客全員が捜査の対象から外れたことを明らかにした。同長官は、乗客がハイジャックなどに関与したり、今回の一件と関連があるような個人的・心理的な問題を抱えたりはしていなかったと述べた。

ロイターはハリド長官からのコメントを得られていない。内相からも、報道の確認は取れていない。[クアラルンプール 2日 ロイター]

【マレーシア航空機関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています