ライフスタイル

日常生活でもっと歩くための9つの習慣

2014年04月04日 01時34分 JST | 更新 2014年04月04日 01時44分 JST
Louise Morgan via Getty Images

アメリカ心臓協会は4月2日、毎年恒例の「ナショナル・ウォーキングデー」を開催する。

これは、運動の大切さについての啓蒙活動を行う日で、最低でも30分は時間をとって歩くよう、人々に呼びかけている。

体脂肪を減らし、「悪玉」コレステロールの増加を抑えて、ストレスを和らげるなど、すでに知られている健康上の効果を考えれば、ウォーキングの流行に乗るのにためらう理由はない。

だが、デスクワークや車通勤、家族との夕食など、忙しい生活のなかで歩こうとしても、なかなかよい方法が見つからないものだ。

そこで、日々の習慣の中にもっと歩く時間を取り入れる、とても簡単な方法をいくつかまとめてみた。以下の選択肢に目を通してみて、あなたなりの方法をコメント欄で教えてほしい。

  • 次に電話がかかってきたら、歩きながら話す
    Getty Images
    母親や大学のルームメイトと普通に話をするにしても、歩きながら電話を受けるようにしよう。ただし、横断歩道を渡りながらメールを打つのはやめよう
  • 階段を使う
    Getty Images
    エレベーターやエスカレーターは控えよう。
  • 犬の散歩をする
    Getty Images
    子供たちにやらせるのではなく(あるいは、お金を払って代行業者に頼むのではなく)、愛犬と一緒に歩く貴重な時間を楽しもう。
  • 歩きながらのミーティングを計画する
    Getty Images
    誘いに乗ってくれる同僚がいれば、次のミーティングは会議室の外で行ってみよう。普段と違う景色を楽しみつつ、生産性が上がるかもしれない。\n
  • 家族で散歩する
    Getty Images
    家族で夕食を取るために時間を空けてある日は、食後の時間も、テレビの前に集まってくつろぐのではなく、近所を散歩してみよう。
  • できるだけ離れた場所に駐車する
    Getty Images
    オフィスやショッピングモール、ジムなどに行くとき、目的の場所から少し離れたところに駐車しよう。余分に歩くことが日々の積み重ねになる。
  • 1つ手前で降りる
    Getty Images
    公共の交通機関を使って通勤している人は、1つ前の駅やバス停で降りて、目的地まで歩くようにしよう。
  • オフィスの中でメールを送らない
    Getty Images
    同じオフィスの同僚に聞きたいことがあるときは、いつものようにメールを送るのではなく、同僚の席まで歩いて聞きに行こう。同僚が別の階にいるならなおいい。階段も使える。
  • デリバリーでなくテイクアウトにする
    Getty Images
    いつもデリバリーを頼んでいるなら、店まで歩いて行ってみてはどうだろう?

[(English) 日本語版:湯本牧子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

How To Move More This Weekend