NEWS

三陸鉄道が全線復旧、北リアス線も運転再開 「あまちゃん」ロケ地で大漁旗

2014年04月06日 16時14分 JST | 更新 2014年04月06日 16時22分 JST

東日本大震災の津波に大きな被害を受けた岩手県の三陸鉄道で4月6日、最後まで不通となっていた北リアス線の小本〜田野畑間(10.5キロ)の運行を再開した。南リアス線と合わせて107.6キロが全て復旧。開業30周年に合わせて再スタートを切ることになった。

北リアス線の久慈駅周辺は、NHKのドラマ「あまちゃん」の舞台として知られている。この日、住民らがドラマと同じ場所で大漁旗を振って一番列車を出迎えた。サンスポが以下のように報じている。

久慈駅を早朝、発車した3両編成の上り一番列車には、鉄道ファンら50人以上が乗車。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で「袖ケ浜駅」として登場した堀内駅(普代村)付近などで、住民が大漁旗を振って歓迎した。この日の記念列車では、古民家風の内装とした新型お座敷車両がお目見えした。

(サンスポ『三陸鉄道、悲願の全線開通 「あまちゃん」登場の駅では住民が大漁旗』2014/04/06 12:01)

■Twitterでの報告

【関連記事】

三陸鉄道 画像集

「あまちゃん」じぇじぇじぇ~展

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています