NEWS

マレーシア航空機の捜索費用、少なくとも45億円 航空史上最高か

2014年04月08日 17時54分 JST | 更新 2014年04月08日 18時12分 JST
ロイター

reuters logo

3月8日に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の捜索活動に各国が拠出する費用が、航空史上最高となる見通しであることが分かった。同機をめぐっては、26カ国が航空機や船舶、潜水艦、人工衛星を投入して捜索を続けている。

捜索は過去1カ月にわたり続けられているが、防衛関連装備の使用コストや米国防総省の報告などからロイターが試算したところでは、オーストラリア、中国、米国、ベトナムによるインド洋や南シナ海への軍用機・艦船の派遣費用はこれまでのところ、少なくとも4400万ドル(約45億円)に上ることが分かった。

この数字は、2009年に大西洋上に墜落し、2年後に発見されたエールフランス機捜索の公式費用3200万ユーロとほぼ同額。専門家は、同機捜索には3─4倍の費用が実際にかかった可能性もあるとしており、マレーシア機捜索の費用も数億ドル規模になるとみられる。

また、4400万ドルという試算値は、英国やフランス、ニュージーランド、韓国などの軍機動員費用はすべてカバーされていないほか、捜索に関わった民間航空機や各国の情報分析にかかった費用も含まれていない。[シドニー 8日 ロイター]

関連記事

マレーシア航空MH370便 南シナ海で消息不明