ライフスタイル

いつも空高くから世界を見てきた......飛行機から撮った写真に言葉が出ない

2014年04月17日 17時26分 JST | 更新 2016年06月07日 18時17分 JST

Alex MacLeanはいつも空高くから世界を見てきた。このカメラマンは、パイロットの資格を持っており、ここ何年も小型セスナ182のコックピットの外にカメラを固定して空から見える世界の写真を撮り続けている。

そうして出来上がったのがこの驚くべきフォト・エッセーである。自然に対抗して人が作り上げた文明、産業に立ち向かう動物たち、そしてそれらに加え、私たちが明らかに決して手にすることのできない大きな力に挑戦する人間たちの姿が写し出されている。

パイロットみずから撮った空撮画像

Pilot Captures Crazy-Surreal Photo Series By Basically Just Sticking His Camera Out The Cockpit

【風景写真関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています