NEWS

安倍首相、やしきたかじんさんとの約束守る

2014年04月18日 23時17分 JST
時事通信社

oricon style

安倍首相、やしきさんとの“約束”守り番組出演 “盟友”との別れ偲ぶ

安倍晋三首相が、20日放送の読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』(後1:30~)に緊急特別出演し、このほど収録を行った。

安倍首相は、今年1月に死去したやしきたかじんさんが闘病中に語っていた「春には必ず番組に復帰したい。そのときにはぜひ安倍さんに出演して欲しい」という願いを果たすために今回出演。同番組の登場は10回目で、現職総理としてのスタジオ出演は、昨年6月30日以来3度目となる。

同日は、「緊急特別企画!またまた安倍総理にそこまで聞いて委員会?安倍さんならきっと答えてくれるでSHOW!春の特大スペシャル!」と題して、他ではなかなか聞けないことを30個質問。また、大物ゲストとあって、前副委員長を務めていた辛坊治郎キャスターが“委員長代理”として応援に駆け付け、山本浩之アナウンサーと共に司会を務めた。

にこやかにスタジオに登場した安倍首相だったが、やしきさんとの“スタジオ再会”が叶わなかったことについて「たかじんさんとは、『また一緒に温泉に入ろうね』と話していたんですけどね…」と肩を落とし、故人を偲んだ。

番組では、日米韓首脳会談で、朴槿恵大統領が安倍首相の韓国語あいさつを無視したという報道に絡めて「朴大統領に無視されたのには驚いた?」と直球で質問。首相は「朴大統領の体調が悪かったと聞いていますが、私の韓国語の発音に問題があったのかもしれません。家内には、(発音は)よかったと言ってもらったんですが…(笑)」とうまく交わして笑いを誘っていた。

また、パネリストで元AKB・畑山亜梨紗との交際が報じられた明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏に対し、宮崎哲弥氏らから「こんなふうにバレるなんて、脇が甘すぎる」「本を売るためでしょ」など厳しい声が飛び交い、「お願いですから、そっとしといてください…」とタジタジだった。

【関連記事】

関連記事

安倍首相のファッション 画像集